Home » ビジネス

エレガントという優雅 「ゆったり、ゆっくりと自分のペースに歩めるか」ページを見る動線、目線がそうあれるか..その辺りにあるのではないかと感じています。その歩く周囲には、
描き出してみる、その先に出逢う 「出逢える、出逢えない」は、中に、内にあればこその出逢い。「無い」のであれば、「未だ無い」だけのこと。そのうちに…出逢えます。ただただ、
空気感 目に見えるものでなく、吸えるものでもない空気感って、なに?どこで、何を、どうして、理解することができるのか?その場にして、感じ得られる
何が魅力であるか そこを軸に、余分は整え、魅力が感じ得られるようにデザインする。どのテンプレートを視ても、大概「なんでもできる」多様な機能を装備しています。使える部分は使い、使いたくないところは、削る。「あれも、これも、それもできますよ!」の「足し算」の傾向があります。それは、それで
マガジン向けシンプルテンプレート ブログの記事をコンパクトにカテゴリーにまとめ、各記事を発信するテンプレートを発見。トップページの上部に固定メニューが2つ。右上には、固定ページへのメニュー。真ん中中心上部には、カテゴリーリンクメニューを表示。カテゴリーメニューをクリックするとカテゴリーページが表示され、各記事が写真とタイトルで大きく表示されます。
美味しそうと感じる画像と雰囲気 お休み、GWウィークに入りました。九州は、快晴です。朝、夜はまだまだ寒いのでお越しの際は、一枚上着が必要ですよ。なかなか、更新機会を作れていないので、「やれるときにやります!」汗。今回出逢ったのは、レストランや食事処
Filed in: ビジネス
美しさ ふと歩いて感じることができる「美しさ」とは、なんだろうか?せっかく、一日を迎え、体を動かし歩いていて、目に入ってくる景色に感じることがあるはず。それが足元であろうが、上空であろうが、遠い山の向こうでも、
魅せる力を身につける 久しぶりの更新です。う~ん、なんとも不覚。自覚の問題だ。いかんぜよ。さて、これからどうする。う~ん、何のためか。今一度、考え直すいい機会かもしれない。 自問自答しながら、解決策を模索中でございます。
Filed in: ビジネス
目が自然と惹きつけられる光 いったいどんな光が、人を惹きつけるのか。 きれい 優しい 熱い 強い 柔らかい 悲しい まぶしい 怖い 元気 美しい 光が生みだす感性は、十人十色。
企業のホームページ 縦長がいいか、短い派か? 最近良く見かけるタイプ。縦にずらずらずら~っと長いホームページデザイン。自分だけだろうか、結構見かけます。どっちが好きか。目的は、何か。長くても、短くても役割を全うしている姿があれば、ヨシっ。
実例・プロジェクトをコンテンツに 中身、コンテンツは、実例。「○○であった」と感想結果よりもプロセス、その過程、取り組みの内容が欲しい。何のために、どう進めたのか。
Filed in: ビジネス
スッキリと中身が浮き出るデザイン 工夫すれば、するほど埋もれていく場面に出くわしたことがないでしょうか?考えれば、考えるほど、道に迷い、現在地を見失ってしまう状況。年を重ね、出逢いを重ね、思考の幅が広がっていく。それって良いの?良くないの?
きっかけを生む創造性 創造とは、新しいものを初めて作り出すこととある。「見る、聞く、話す」極々あたりまえの日常から、きっかけというヒントを得る。ところが、得られないヒトもいる。いったいなぜ、きっかけやヒントを得ることができないのか?
Filed in: ビジネス, 写真
プロジェクトの事例をブログに 「何をしている会社なの?」やっぱり、一目で見てわかるトップページがいい。自己紹介している固定ページを設けるのも良し。ただし、そこまで手が届くかどうか・・・。つまり、クリックしてくれるかどうか。クリックしたいとお客さんが思うかどうか。「俺、私だったら・・・」と
自分・更新者が楽しんでいるテーマがいい テーマとテンプレートをかけています。笑 テンプレート選びは、好きなモノを選ぶ。「あっ、これ好きかも。」それがいい。うん。サイト運営者が好きなデザイン。