Home » マガジン

描き出してみる、その先に出逢う 「出逢える、出逢えない」は、中に、内にあればこその出逢い。「無い」のであれば、「未だ無い」だけのこと。そのうちに…出逢えます。ただただ、
普段に無い視点 めまぐるしく物事が、ゴトゴトと流れています。いいのか、わるいのかと…そうではなく、在りたいように一日を一日一日、デザインする。そうありたいと…そうあれるようにと旅を続けています。1つ1つを目にすることと、1面を体感することは、大きく異なります。目や脳よりも、やはり体感、実感です。言葉や
マガジン向けシンプルテンプレート ブログの記事をコンパクトにカテゴリーにまとめ、各記事を発信するテンプレートを発見。トップページの上部に固定メニューが2つ。右上には、固定ページへのメニュー。真ん中中心上部には、カテゴリーリンクメニューを表示。カテゴリーメニューをクリックするとカテゴリーページが表示され、各記事が写真とタイトルで大きく表示されます。
たくさんある機能を説明するブログ このWordpress テンプレートの特徴は、「数多くあるカテゴリー項目を目に入り込む位置に配置できること」です。3列表示のデザインレイアウト。大抵2列がほとんどですが、3列も良しかと思います。
事の変化や進化を写真と共に語る 「ドン」っと、入口から中身をフルオープンで開示する感覚で、記事を書く。そんな感覚をこのテンプレートを通じて感じます。デモサイトを見るとメニューは、テキストリンクで固定ページが主。ひとつの記事をクリックするとサイドバーが表示されます。
Filed in: マガジン
多様な記事を整えるマガジンテンプレート 多様すぎると訳が分からなくなりますが、「情報運用」を上手くする道具として使えそうなWordpressのデザインテンプレートです。うん、これ無料・・・感謝、感謝。
Filed in: マガジン
プロジェクトの事例をブログに 「何をしている会社なの?」やっぱり、一目で見てわかるトップページがいい。自己紹介している固定ページを設けるのも良し。ただし、そこまで手が届くかどうか・・・。つまり、クリックしてくれるかどうか。クリックしたいとお客さんが思うかどうか。「俺、私だったら・・・」と
事例をブログ コンテンツがない。コンテンツ?、コンテンツなのか、わからない。事の事実をブログ上で語る。幅広く読みあさることができるように、カテゴリー分類をしっかりと行う。 書きたい内容 書ける内容を書く 身についた事実を言葉にする ここで言いたいことは、欲張らないこと
Filed in: マガジン
企業さんのニュースを分類・カテゴリーに分ける 「どんな企業さんか、どのような事業をされているのか」 端から、端まで「す~っ」と企業イメージが見えてくるカテゴリー分類ができるといい。 メニューに、カテゴリーを表示させるのも良し。サイドバーに、カテゴリーを表示させるのも良し。
記事毎のタイトルに目が飛ぶ 投稿記事のタイトルに目がふっと飛ぶ。はて、どうしてでしょうか?試しに、マウスのスクロールを下の方まで、ツルツルっとスクロールしてみる↓ まっ、読み手の順序からして、自然とタイトルに行くのは、仕方がないとして。笑タイトルに目が、寄せられるポイントがある。
カテゴリーのサブ記事を一覧表示したデザイン カテゴリー分類されたテンプレートの多くは、最近の記事1つのみを表示できていましたがこのテンプレートは、複数表示できるようです。デモサイト上では、3つのサブ記事と最近の記事1つの計4つ ガツンを目を引く固定メニュー ドシッと一本線で、メニューが固定されています。
カテゴリーメニューに注目して! 「これこれの分野について、記事を書いてます!」と強調したデザインが印象的カテゴリメニューをここまで強調させているデザインテンプレートは、はじめて。 写真の魅せ方がいい! トップページ、ブログ記事、カテゴリー記事の写真表示が、丁度良い。
ニュースやマガジンが似合うテーマ 多趣味な方、色々ある方、色々書きたい方。色々書いたら良いと思います。笑とは、言ったものの、四方八方に書き散らすと、どうなるかわかりません。 目的に合うテーマを使う もう収集つかないほど、世界中に散りばめられているテンプレートの数とどまることを知りません。どんどん出てきています。凄いわ。
海外のニュースやマガジンテンプレート カテゴリー分野の豊富な人にとって、面白いかもしれません。デモサイトを見てもらうとわかりますが、少々盛りすぎているような・・・。でも、多数のカテゴリーを扱っている人たちにとっては、優れているかもしれません。 カテゴリー分野が豊富な人たち 新聞社さん(各専門分野の新聞屋さん) 地方自治体さん 行政機関さん(無料なんて使えないかな・・・w) テレビ局さん 学校(大学/高校/小学校)さん
Filed in: マガジン
カテゴリー分けして記事を発信したい 今年のテーマにある「ビジネスっぽい」テンプレートを探す1年。企業さんにあるカラーが何色か、まったく予測できるわけもないので一番無難なカラーを選択。自然と白色か、グレー色になる。「ま~、仕方がない。」と勝手に慰めつつも気まぐれでイイ色と出逢えば、そのまま気の合う企業さんに届くといいな~。笑