Home » シンプル

エレガントという優雅 「ゆったり、ゆっくりと自分のペースに歩めるか」ページを見る動線、目線がそうあれるか..その辺りにあるのではないかと感じています。その歩く周囲には、
空気感 目に見えるものでなく、吸えるものでもない空気感って、なに?どこで、何を、どうして、理解することができるのか?その場にして、感じ得られる

シンプルにブログする

Posted by on 1月 24, 2017
居心地 シンプルがいい。「シンプルに」とは、よく耳にするものの、一体どういうことでしょうか?ヒトにとってのシンプルは、様々。感じ取るに、そこに「居心地があるか」この感覚が、ブログに感じられるか。
4年ぶりの更新 何を感じたのか、2013年から更新が完全にストップ。色々とありました。2010年からの取組み。で、そこからすると7年が、経過。更新が途絶えてからは、4年。
Filed in: シンプル
ホームページを美しいと感じるとき すべては、第一印象。これで大きく左右されると思います。その中でも美しさを感じさせることができるものとは・・・ 美しい写真 美しいテンプレートデザイン 心にす~っと入り込んでくる
Filed in: シンプル, 写真
写真のみで伝える 写真が自然と言葉を語ってくれる。どんな写真がいったい語り始めるのか?写真もインパクトを与える一つですが、写真に目が行く前に最も目が行くところが1つ。タイトル。一番は、ここ。動機を与える一歩は、タイトル。次に、サブタイトル。これも大事。
Filed in: シンプル, 写真
企業のホームページ 縦長がいいか、短い派か? 最近良く見かけるタイプ。縦にずらずらずら~っと長いホームページデザイン。自分だけだろうか、結構見かけます。どっちが好きか。目的は、何か。長くても、短くても役割を全うしている姿があれば、ヨシっ。
スッキリと中身が浮き出るデザイン 工夫すれば、するほど埋もれていく場面に出くわしたことがないでしょうか?考えれば、考えるほど、道に迷い、現在地を見失ってしまう状況。年を重ね、出逢いを重ね、思考の幅が広がっていく。それって良いの?良くないの?
魅せて、立ち止らせ、巻き込む 一瞬で、想いを届けるサイトがいい。一瞬で、その時、そのヒトの心に届く作品や商品。目に見えるモノがいい。ターゲット、消費者さんの視点、立場もそうですが、毎回が思うところに、「あなた自身は、どう思うか」という視点。そう思えるか、信じることができるか。
Filed in: シンプル, 写真
スウェーデンのデザインブログ スウェーデンのこと、何も知らない。いったいデザインにおいて、何が特徴なのか?調べてみると色々と謳われている。 シンプル、単純 多様性 機能性 乏しい唯一の経験、何度か訪れたことがあるIKEA
感覚のアンテナに触れるタイトルと写真 見る、読む。見て、納得、共感している姿をイメージする自分自身で書いたり写真を貼りつけたりする中、その辺りを触れることで自然と出てくる感覚どんな感覚でタイトルを生み出し、写真を選択しているか? 感覚に触れることが
コンテンツが一番 だから、コンテンツだけ、目に入るように、動きやすく配置する 見て頂くとわかりますが、コンテンツ、ブログ記事以外何もないので、迷いもありません。シンプルなテンプレートを見歩くと記事タイトルだけのデザインもありますが、個人的にはイメージも一緒に欲しい。
記事タイトルが、自然と目に入るテンプレート その仕組みは、見ての通り。パッと開いて、目のいく箇所が、他にない。 唯一あるのが、記事タイトルだから、自然とそこに目が行く。シンプルだわ。笑 「メニュー、固定ページあるの?」と「中身は、何だろう」と次を探してみると
工夫のつもりが、余計になってないか 仕方がない。「やり遂げたい」と思い、学び、やってみる。 すると色々やり過ぎて、「あっ、盛り過ぎた」となっている。良い例が、ある。久しぶりの出張、バイキング形式の食事(朝食など)・・・そうそう
シンプルに、美しくあれ そんなデザインが、見ていて気持ちがいい。まっ、好みもありますが、個々の生活感、背景が好みの生みの親。w清潔感あるデザインが、好きそれでいて、柔らかい、優しいデザインがもっといいかな。w 贅沢いうなっ。怒られそう、無料だっ。w(失敬)でも、好きなテンプレートの一つには、変わりありません。