ブログのコンテンツを磨いて研く コンテンツ(Contents):中身 磨く:能力を広げる。 研く:能力を高める。 「みがく」と伝わり難いので、「磨く」とも書いてみました。お届けしたい、考えてみたいのは、こっち コンテンツを研く 刃を研く。
ユーモアを感じるデザインテーマ 「ユーモアとは」いったい、何か?辞書には、こうある。「ヒトの心を和ませるようなおかしみ」「上品で笑いを誘うシャレ」などおっ、ちと難しい・・・。1つ目の意味の方が、多少まだしっくりきます。 どこか心がくすぶる・和む感じのあるデザインテーマいったいどこに、その点が隠れているのか?細かい事は、特になく、全体を見て「そう感じるわぁ」が大抵あたる。
優しく包み込むデザイン 見ているだけで、温泉に「あ~」っと浸かっている気分になる感じがいい。 「見ているだけで優しい」 個々によって様々な感性があるのと同様に、全ての人に同じ感覚を伝えることは、難しい。せめて、自分だけでもホームページやブログに愛着を持っていたい。
Filed in: ビジネス, 写真
写真が主役のデザインテーマ 写真で埋め尽くされたトップページのデザインレイアウトただただ、写真だけでなく、タイトルも一緒に表示されるのでそれほど誤解も生じ難い?笑 ところが、〇〇と思い、伝えているけども・・・結局は
Filed in: 写真
パッと、一目で商品類を魅せたいテンプレート 役割は、一つひとつの商品、商材を一覧で紹介すること。もちろん、商品だけに限りませんが、商品関連が丁度良さそう。写真イメージとタイトルが、鍵(カギ)。難しいことは、考えない。「読みたいか?、見てみたいか?、そう感じ取れるか?」、そこだけ。書いて、感じてみる。
Filed in: ビジネス, 写真
タグを上手く魅せたデザイン よく見かけるのは、カテゴリーの表示。主にメニュー位置に配置されているのですがこのデザインテンプレートは、タグを有効活用して魅せています。うん、面白い。 ブログを主軸としたテンプレート。固定メニューを右上にさりげなくレイアウト。
Filed in: ブログ
工夫のつもりが、余計になってないか 仕方がない。「やり遂げたい」と思い、学び、やってみる。 すると色々やり過ぎて、「あっ、盛り過ぎた」となっている。良い例が、ある。久しぶりの出張、バイキング形式の食事(朝食など)・・・そうそう
シンプルに、美しくあれ そんなデザインが、見ていて気持ちがいい。まっ、好みもありますが、個々の生活感、背景が好みの生みの親。w清潔感あるデザインが、好きそれでいて、柔らかい、優しいデザインがもっといいかな。w 贅沢いうなっ。怒られそう、無料だっ。w(失敬)でも、好きなテンプレートの一つには、変わりありません。
ありがたい!面白いメニューのテーマ ホームページの上から、下まで、一直線!実に、シンプルにまとまったデザインを発見。Wow上から見て行くとこんな感じ↓ まず、ホームページのタイトル 次に、サブタイトル 目をつかむ、イメージ画像 伝えたい主力をシンプルに、4つ 日々の投稿記事を3つ横一列 ウィジェットをテキストベースで、簡単身元の紹介
記事毎のタイトルに目が飛ぶ 投稿記事のタイトルに目がふっと飛ぶ。はて、どうしてでしょうか?試しに、マウスのスクロールを下の方まで、ツルツルっとスクロールしてみる↓ まっ、読み手の順序からして、自然とタイトルに行くのは、仕方がないとして。笑タイトルに目が、寄せられるポイントがある。
カテゴリーのサブ記事を一覧表示したデザイン カテゴリー分類されたテンプレートの多くは、最近の記事1つのみを表示できていましたがこのテンプレートは、複数表示できるようです。デモサイト上では、3つのサブ記事と最近の記事1つの計4つ ガツンを目を引く固定メニュー ドシッと一本線で、メニューが固定されています。
写真に目が行きマウスへ感化、クリックされる流れ 写真を通じて、イメージが目に入り、マウスが動きはじめるするとタイトル文字がちらつき、脳にあったイメージが具現化され、左クリックが押される。 「カチッ」 横並びの固定メニューとカテゴリー テンプレートのメニューは、上部にさりげなく配置されています。
Filed in: ブログ, 写真
描いているテーマと一緒に旅をしよう 旅をするなら、長旅がいい。短すぎると・・・「残らない」 「残す必要もない」という視点もありますが、自分の心には、少しでも残っていてほしい。笑頭の中や体で覚えていなくても、ふと写真を目にすると記憶が鮮明に蘇ってくる。写真というか、ヒトの記憶とは、どこでどうなっているのやら。笑
カテゴリーメニューに注目して! 「これこれの分野について、記事を書いてます!」と強調したデザインが印象的カテゴリメニューをここまで強調させているデザインテンプレートは、はじめて。 写真の魅せ方がいい! トップページ、ブログ記事、カテゴリー記事の写真表示が、丁度良い。
お伝えしたいことを写真に込める ただの写真よりも写真に文字や人を加えて、加工すると良いかもしれません。加工とは、そうですね・・。切り貼りするイメージがより、手づくり感があって惹き立てる気がします。そのひと手間、ふた手間が届いたりもします。