Home » ブログ

スッキリと中身が浮き出るデザイン 工夫すれば、するほど埋もれていく場面に出くわしたことがないでしょうか?考えれば、考えるほど、道に迷い、現在地を見失ってしまう状況。年を重ね、出逢いを重ね、思考の幅が広がっていく。それって良いの?良くないの?
自分・更新者が楽しんでいるテーマがいい テーマとテンプレートをかけています。笑 テンプレート選びは、好きなモノを選ぶ。「あっ、これ好きかも。」それがいい。うん。サイト運営者が好きなデザイン。
スウェーデンのデザインブログ スウェーデンのこと、何も知らない。いったいデザインにおいて、何が特徴なのか?調べてみると色々と謳われている。 シンプル、単純 多様性 機能性 乏しい唯一の経験、何度か訪れたことがあるIKEA
テキストと写真のバランス 画像メニューも悪くないが、見慣れてくると「テキスト」のみが恋しい。そんなことないか。好み、好み。笑タイトル表示がデモサイトを見ると日本語じゃないので、しっくり届かない部分があるかもしれませんが、
ブログでブランディング ブランディングとは、ブランドを構築する上での活動のこと。では、ブランド(Brand)とは、なにか。和訳すると銘柄。英英辞書では、特定の企業、企業名から生まれた商品。ビジネスブログで、商品をつくる、
WordPressの強み ブログ形式で、情報運用ができること。 CMSと良く耳にする。CMSとは、何か?Contents Management System(コンテンツ マネジメント システム)日本語に直訳するとコンテンツ管理システム。そうそう、良く聞こえてくる「管理システム」管理、管理・・・どこか生かされていない気がするのは、自分だけか。
写真の力は、一瞬から 写真と通じ合うものは、目目と通じているのは、脳?心?その時の心模様か・・・そんなところでしょうか。誰にもわからない…目に入り込んでくる一瞬その時に、感じ取っているアンテナが触れるところは、何処に?
Filed in: ブログ, 写真
WordPress テーマの特有 ブログの構造。そこにホームページや写真集として活用できるレイアウト(テンプレート)が数多く出てきています。この三つが、主 ブログ ホームページ 写真ギャラリー あとは、
感覚のアンテナに触れるタイトルと写真 見る、読む。見て、納得、共感している姿をイメージする自分自身で書いたり写真を貼りつけたりする中、その辺りを触れることで自然と出てくる感覚どんな感覚でタイトルを生み出し、写真を選択しているか? 感覚に触れることが
整えられたコンテンツ 「整える」とは、こうある→乱れないように、必要なモノをすべてそろえる。→乱れないように、形をきちんとする。 ヨシ、整えようっ!と整え始める。うん、これ王道。ただ、こんな視点もあると力だ。
コンテンツが一番 だから、コンテンツだけ、目に入るように、動きやすく配置する 見て頂くとわかりますが、コンテンツ、ブログ記事以外何もないので、迷いもありません。シンプルなテンプレートを見歩くと記事タイトルだけのデザインもありますが、個人的にはイメージも一緒に欲しい。
白と黒でくっきりハッキリしたデザインテーマ 写真も白黒!!そこまでできないかな?統一されてて、白と黒でシンプルさが自然と引き立ちます。際立って、特別なところはなくタイトル、写真に自然と目が行きそう。
Filed in: ブログ
記事タイトルが、自然と目に入るテンプレート その仕組みは、見ての通り。パッと開いて、目のいく箇所が、他にない。 唯一あるのが、記事タイトルだから、自然とそこに目が行く。シンプルだわ。笑 「メニュー、固定ページあるの?」と「中身は、何だろう」と次を探してみると
ブログのコンテンツを磨いて研く コンテンツ(Contents):中身 磨く:能力を広げる。 研く:能力を高める。 「みがく」と伝わり難いので、「磨く」とも書いてみました。お届けしたい、考えてみたいのは、こっち コンテンツを研く 刃を研く。
ユーモアを感じるデザインテーマ 「ユーモアとは」いったい、何か?辞書には、こうある。「ヒトの心を和ませるようなおかしみ」「上品で笑いを誘うシャレ」などおっ、ちと難しい・・・。1つ目の意味の方が、多少まだしっくりきます。 どこか心がくすぶる・和む感じのあるデザインテーマいったいどこに、その点が隠れているのか?細かい事は、特になく、全体を見て「そう感じるわぁ」が大抵あたる。