Home » デザイン » 多彩に居心地をデザインするテンプレート

0

「デザイン」って、辞書で解いてみると「設計」今では、数々のイメージがその言葉に込められていますね。ものづくり..事あるごとに、国内の伝統工芸を転々と見歩く機会があり「物事」の根底を脈々と流れているものと出逢えます。それは、形や物質ではなく「気持ち」でした。

出雲民藝紙十和田湖周辺島根木地師

豊かな表現は、豊かな気持ちから

小手先には、育まれない。気持ちは、その一瞬のものではありますが、一瞬には育まれてはいない気もしました。代々にある気持ち。各々に育まれていく。ウェブサイトに乗るものは、物質的には、以下

  • 文字(言葉,フォント)
  • 画像(写真)
  • 動画
  • 絵(イメージ)

これらを人びとが感じ得られるものが、気持ち。1つ1つが、一体化、一(いち)となって余韻に残るものと、残らないものに分けられると思います。どちらかというと現在は、物質の1つ1つに脳が識別させていて、機能的な動機に至っているようにあります。これは、こう。頭で思考し過ぎている感じでしょうか。すると道をどこか見失いがちに..身から生まれる気持ちに寄り添う事で、持続が育まれていく..「おっと、自身にも問いかけているところです。w」

機能盛りされたデザインテンプレートに出逢いました。沢山の機能に囲まれていますが、使い手は、自分。意思疎通できるものを取り入れれば、良いと思います。難しく考え込むこともなく「そうだなっ」とより添えるもの。あっ、一つ。「自分自身に寄り添う時間」その分が、自ずと「そうだなっ」と出逢う時間を育むんだと思います。簡単なようで、地道な積み重ねの裏付けが何事にも「人の気持ち」にはあるのではないでしょうか。

やり方にはない、在り方にある

ご紹介したいテンプレートは、下記。画像をクリックしてください。デモサイトに飛びます。試してみたい(ダウンロード:詳細)は、←こちらから。”Feature”とデモサイトページにあり、クリックするとわかります。様々なアイコンが山盛りに。「多いなあ..w」また、スライド、ギャラリーなど表現もいくつかあるようです。

多彩なデザインテンプレート




その他、テンプレートのご紹介:

WordPressのデザインテンプレートについて
1ページデザインに視る足し算と引き算
メニューとコンテンツの相性
エレガントにシンプルなテーマ

コメントどうぞ