Home » デザイン » メニューとコンテンツの相性

0

最近増えてきている1ページのデザインテンプレートとメニューの相性について、出逢いました。右手には、コンテンツ。左手には、メニュー。うん、これは、これですね。1ページのサイトデザインで見え隠れするのは、メニューの存在です。いつでも次に動くことができるか、否か。下記の画像をクリックするとデモページが開きます。また、このサイトの説明は、こちらから。

メニューとコンテンツの相性

役割が育む相性

メニューの役割、コンテンツの役割。メニューは、選択することができる場所。コンテンツは、そのサイトの中身。大事なことは、コンテンツ。検索がここまで行き届いているので、メニューはメニューの役割として機能美であるか。動き易さがあることでしょうか。全体形が見え、見渡せるメニュー。コンテンツを引き立てることができるメニューがいいですね。

メニューにある「パンくずリスト▼」。クリックしてリストの表示。クリックせずにリストを表示。好みですね。やはり、その時の大事は、コンテンツ。中身をどうしたいか。お客様に、伝えず、伝わるような流れをデザインに整えたいものです。

その他、テンプレートのご紹介:

1ページデザインに視る足し算と引き算
エレガントにシンプルなテーマ
多彩に居心地をデザインするテンプレート
タグ:

コメントどうぞ