Home » EC, 写真 » 違和感のない寄添えるメニュー

0

さりげない進化

ふらりと久々に、ネット上を散策しています。とっても新鮮。うん、面白い。どんな出逢いがあるのか、「おっ、これは、何っ?」という一瞬。「なんだこれ〜↗︎」、「なんだ、これ〜↘︎」の差。出逢えるか、出逢えないかは、当人にもわからないこと。気まぐれ。その時の自身にあるアンテナ(意志)に、その出逢いは、呼応し合っているようにも見受けられます。もっと、咀嚼すると、周囲ではなくて、自身の内にあるモノとの出逢いが、目に留まるモノに近いということでしょうか。

「メニューが、寄添い動く」「おお!」感じるか、「邪魔」と感じるか、そう感じたら、そうなのでしょうから、どちらがいいというよりも、どちらが好みか。もちろん、内容、デザイン背景に左右されますよね。目の肥やしになりました。ありがたや。下記の画像をクリックするとデモサイトに飛びます。ショップ、カート、ギャラリー、等々Wordpress自体が、時代に大分成熟してきているから、普通に思っていることは、どこの方々も取入れられている感じに在りますね。「普通基準やあたりまえ」の位置が成長にあって面白いです。

無料は、無料で体験値としてはありがたく、対価を生むものは、それなりにサポートや機能も充実しています。やり取りをする言語は、英語です。そこも同じに、共に切磋琢磨が必要なんだと感じます。Uberを米国で体感してきました。い〜な〜。やってみたい。けど、国内は、できない。切ないです。「守る」か「攻めるか」。バランスですよね〜。挑戦するという機会への制限は、悲しいです。まっ、そのうちに。

menu-act

一瞬との出逢い

写真もことばも、デザインも、「おっ」との出逢い。全体形をパッと知るのに、いいデザインが好きです。こちらのサイトの機能らは、こちらのthemefressiaさんのアドレスから。いい感じです。カテゴリーを写真にしていますが、商品らでも行けそうですね。でも、写真が一番かな…。お値段は、約60$。平均は、この辺りでしょうか。お手頃ですよね。自由になってきています。色々とこれからに実体感できることへの喜び、面白味に、感謝です。


その他、テンプレートのご紹介:

写真スタイルのwp無料デザインテンプレート
黒色でシャープな写真ブログテーマ
コンパクトな写真用の分類テーマ
溢れるユーモアを魅せる写真のテーマ
未知の変化がワクワク感を生むテーマ
あなたの写真作品と向き合い生きるテーマ
タグ:

コメントどうぞ