Home » ビジネス » プロジェクトを中心から届けるホームページ

0

サイトの中心線に一言、置く

「私のサイト、ブログは、ここを言いたい」
メニューが中心に寄り集まることで、動線が生まれてくる。
心が惹かれれば、自然とスクロールして、下まで見てくれるかもしれません。

見たくなる、読みなくなる きっかけ づくり

あなたにとっての、「きっかけと」は、いったいどこにあるのか?
きっかけとは、こうある。
物事を始める手掛かり。糸口。また、原因や動機。

  • 触れてみたくなる 言葉
  • 見惚れてしまう 写真
  • 「えっ?」を与えてくれる タイトル

自分自身にある中心に触れられるポイントを書いてみる。
うん、自分自身に触れる事ができる部分。大事だと思います。

企業さんのプロジェクト紹介、運用サイト

デモサイト上のPortfolioのページを見てもらうと意味がわかります。
デモサイトは、下記の画像をクリックしてください。
プロジェクトについて、上手に表現しています。
「プロジェクト内容の項目、中身説明をしている」
ここで大事だな~っと感じるのは、「事例、事実」を伝える点。
事実という事例のあるサイトは、あったかい
見せ方か?写真か?タイトルか?言葉か?
違うモノがあるような気がしています。それがあったかさ。

あったかさ

いい写真が撮れました。「写真じゃね~かっ、ち?」
これ長崎県の大村パーキングエリア。いい夕陽をみることができました。
長崎は、まだ日差しが強かった。また、更に焼けた気がする。笑

写真紹介のページテンプレートを上手に、利活用する。
ただ、写真を紹介するのではなく、企画内容を上手く分類分けして伝える。
カテゴリー分けもできるようです。
ショートコード機能あり。

この「プロジェクトを中心から届けるホームページテーマ」のダウンロードは、こちらから。
色々と好き勝手に書いていますが、
要するに「個々に触れる好みとイメージにつながる使い方が、大事」。
そんな気がします。

プロジェクトを中心から届けるホームページ


その他、テンプレートのご紹介:

記事をカテゴリー分類して発信するテーマ
目が止まる刺激写真をターゲットに届けるテンプレ
企業プロジェクトを分類するマガジンテーマ
シンプルにコンテンツが勝負するテーマ
ビジネス向けマガジンブログのテーマ
エレガントにシンプルなテーマ

コメントどうぞ