Home » Wordpress » WordPressをオススメする理由3つ

0

ワードプレスの良い点を見つめる。

  1. 追加機能(プラグイン)パーツが多い
  2. 扱いがシンプルで、使い勝手良く、心地が良い
  3. 大幅な時間短縮ができる

1.追加機能(プラグイン)パーツが多い

機能、機能とは、何か?扱っている方には、プラグインという名称で機能のことを表現しています。いったいいくつあるのか?わからないくらいあります。例:SEO対策用のプラグイン、ソーシャルネットワークとの連携(Twitter/Facebook/Flickr)、Googleとの連携(Analytics/Sitemap作成)、商品画像一覧など。

2.扱いがシンプルで、使い勝手良く、心地が良い

一度、設定すれば、あとは文章と写真を投稿する程度になります。途中、機能追加したいと思ったときには、きっと上記のプラグイン内に課題をクリアしてくれるものがあります。多少表記が英語の部分もありますが、勉強の一部で習得していきましょう。慣れます。

3.大幅な時間短縮ができる

デザイン、データを置くサーバー、表現したい内容が決まれば、1日、2日以内で早い人は終わります。もちろん、内容量にも左右されます。どうしてそんなに簡単か?世界中の人々が、常にWordpressの使用効率、使い勝手を求めては開発して、世界へ共有しているからだと思います。「英語やってて良かった」改めて実感。日本語対応ももちろんあります。逆に、日本語版でないものもあります。

従来ホームページ制作とワードプレスの違い

従来のホームページ作成 WordPress使用
デザイン 作成 選択
機能 作成 選択
時間
(作成内容例:Top/News/事業案内/商品紹介/Blog/お問合せフォーム)
10日間 5日もあれば十分
サイト更新 自動化された機能変更以外は、可能。ただし、作成サイトが自動登録(システム化)であることが前提です。自動でない場合は、HTMLの理解が不可欠になります。また、ホームページ編集用ソフトが必要になるかもしれません。 文書作成入力ソフト(ワード)と同じ入力形式。入力イメージの参照は、こちら
費用 日数に単価(企業によって、2万/2.5万/3万というところでしょうか。)を掛けると推測できます。 半額以下で対応可能
結論 時間、費用が内容によって大きくなります。 開発、制作時間が大幅に削減されます。サイトに対して、デザインを細部までこだわる場合は、不向きです。早く市場に出し、試して行きたい方に一番です。使用している企業例:Yahoo!/eBay/コカコーラ社/Sony/Nikon/CNN/クックパッド/mixi/Disney
注意点
(サイト制作では情報が含まれます。またネット上に公開されますのでセキュリティ面を考慮する必要があります。)
制作先 制作先

その他、テンプレートのご紹介:

WordPressとは
WordPressのデザインテンプレートについて
WordPressのデザインテンプレートを評価するサイト
New WP Themesよりシンプルデザインを1つ
シンプルに写真を紹介するテーマ
ワードプレスの一品写真テーマ

コメントどうぞ